血糖値測定器の使い方は簡単?

血糖値測定器のセンサーを通販で安く入手するには?

特に難しくないのですぐに慣れると思います

血糖値の自己測定を行うにしても、使い方が簡単なのか気になるという場合。採血という皮膚に針穴を開ける事がちょっと抵抗があるという場合があるかもしれません。

私自身もその辺が心配でした。
でも、実際に使ってみると特に難しくも無く、三回くらいで要領を得た感覚があるので、大半の場合はそんな感じで済むと思います。

まずは、手洗いとアルコール消毒。
測定の前には、皮膚に不純物や食べ物の糖質などが付いていない状態にしておくのがキホンです。リンゴを触った後にそのまま測定すると、血糖値が高く出たりします。

次に、ランセットを穿刺器に設置して、針を保護しているキャップを外し、穿刺器のケースを元に戻します。

続いて、センサー(測定チップ)をケースから一つ取り出して、血糖値測定器本体にセットします。この時、測定部分に触らないように気をつけましょう。
センサーを挿して、スタンバイが完了したらいつでも採血可能です。

そして、採血ですが、この段階で採血する部分の皮膚をもう一度アルコール消毒して、不純物を取り除きます。こうすれば、測定誤差も少なくなります。

後は、センサーの先端に血液を採取して測定結果を待ちます。
とまあ、説明すると少し長いように感じるかもしれませんが、実際にやる事は、とても簡単なので、誰かに教えてもらう程でも無いと思います。

気をつける事は、手を清潔な状態、不純物の無い状態で測定する事だと思います。

後は、一度検査して気になる数値だったので、そのまま再検査する場合にランセットを新しくした方が良いのかというところですが、私の場合は、そこまでシビアにならず、すぐ使うなら針はそのままで変えません。