ランセットを刺す場所なら?

血糖値測定器のセンサーを通販で安く入手するには?

指なら採血が少なかった時でもリカバリしやすい

針を刺す場所は、どこが良いのでしょうか。
私自身は、基本的に指先で行うようにしています。そこが一番末端であると同時に採血しやすい部分でもあるからです。

ランセットを穿刺器にセットし、針の深さをレベルで調整して皮膚に刺す時、同じレベルに調整しても少し深さが足りずに血液量が少ない事があります。

こんな時でも、指先なら、同じ手の親指と反対の手の指でつまむようにすると少し出血するので、リカバリできます。

中には、親指の付け根など、手のひらで行う人も居るかもしれません。実際に、指先は、痛みが感じやすいので、手のひらの方が痛覚が鈍いので、毎日何度も繰り返すとなると、それも一つの方法かなと思います。

でも、多少の差であっても、指先の方が末端の血糖値がどのようになっているのか確認する事ができ、末端の状態がわかるという事は、糖尿病の弊害として重要視すべきな毛細血管の血糖状態がどのようになっているのか確認する事にもなる気がしています。

ここは、あくまでもそのように個人的に感じているという内容でもありますが、その辺も含めて、やはり妥当な部分は、指先なのかなと思います。