お菓子を食べつつ血糖値の上昇を抑えるには?

血糖値測定器のセンサーを通販で安く入手するには?

日中に限定する事で抑えられるようです

お菓子が直接的に糖尿病の原因とは言えないとしても、やはり食べると食べないとでは、糖尿病になるリスクも違ってくると思います。

典型的なお菓子、つまりは糖分や脂肪分が多いお菓子の食べ過ぎは、肥満の原因であり、その肥満こそが、糖尿病の原因の大部分を占めるのは言うまでもありませんが、今の日本は、スウィーツのような嗜好品も多く、砂糖もふんだんに使用されています。

アメリカのように、あからさまに大量に使われているというものはそんなに多く無い気がしますが、やはり、高血糖の要因となるものが多い事に変わりありません。

しかし、そう言いつつも、やっぱりお菓子は食べたいのが本音。
特に仕事の合間のチョコレートなどが脳のリフレッシュにもなるので、毎日食べてしまう事も少なくありません。

もちろん、糖尿病になるリスクの低いお菓子はあります。
低カロリーかつ低糖質のゼリーやヨーグルトが、今ではたくさん売っています。また、イチゴやラズベリー、ナッツ類も、食後に血糖値が急上昇しないためお勧めと聞きます。

ただ、それでは到底満足できない人も、多いと思います。
では、どうしてもそれらの糖分や脂肪分の多いお菓子を食べる場合でも、糖尿病を予防する方法はあるのでしょうか?

調べてみると、食べる時間を考えれば良いようです。

なんでも、午後3時くらいに食べれば、血糖値の上昇が緩やかで済むと、実験では分かっているのだとか。血糖値が緩やかにしか上昇しないなら、そこまで腎臓に負担を掛けることも無いですから、糖尿病のリスクも低くなるのかもしれません。