糖尿病の合併症で早期に起こりやすいのは?

血糖値測定器のセンサーを通販で安く入手するには?

神経障害が早く起こりやすい

糖尿病の合併症と言えば、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症が有名で、三大合併症とも呼ばれているそうです。他にも、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、感染症、動脈硬化症など、合併症は色々ありますが、中でも上記の3つが特に重要視されているのだとか。

糖尿病というのは、結局は、血液が正常な状態に保たれていない事によって血管が侵される病気ですが、毛細血管のように、身体の末端まで栄養を届ける重要な組織の役割が損なわれると、それに併せてこれらの障害が起こるのも理解できます。

そして、糖尿病を発症しているのに、特に生活改善や血糖コントロールを行わないでいると、10~15年くらいで、上記のどれかの合併症が生じてくるみたいです。では、その数ある合併症の中でも、一番生じる順番が早いのはどの病気なのでしょうか?

どうやら、糖尿病神経障害が一番早く現れることが多いようです。
神経障害、と言われると大それたイメージが浮かびますが、実際は軽いものから重いものまで、結構多様みたいです。

具体的には、初期の内だと手足が痺れたり、痛覚が少し鈍くなったりするくらいなのですが、進行するにつれて、筋肉の委縮、発汗異常、立ちくらみなど、重篤な症状になっていくとのことでした。

筋肉の委縮が起きてしまうと、大変そうですよね。ただでさえ糖尿病によるインスリン分泌不良で、ブドウ糖がエネルギーに還元されにくい体になっているせいで、なかなか取り戻すのが難しそうですから。