血糖値測定器

消耗品のセンサーがとにかく安い血糖値測定器

海外から個人輸入で安く済ませる事が出来るだけでなく…

  • 日本で売られている血糖値測定器のセンサーは高い
  • 毎日何度も測定するとなるとコストが嵩む
  • 測定器専用のセンサーが近くの薬局に無い

そうなると、日本製は、高いので続けるのが難しい。
結果、私は、海外製の血糖値測定器を使用しています。

血糖値測定器を購入するなら、一番重要な消耗品であるセンサーの単価が安いところにしておけば、ランニングコストを抑える事ができます。

  • センサーの単価が日本より半値以下で買えた
  • ランセットも安い
  • 血糖値測定器本体自体が無料で貰えた

実際、今使っている血糖値測定器は、センサーが1枚40円程度です。
その上、初回購入時には、血糖値測定器本体やランセットなどを無料提供でした。

結局、センサーは、追加購入が必要となるので使い続ける限りリピート商品となるので、その辺の負担も考慮されている点がうれしいところです。

200枚セットなら1枚40円を切るコストで済む

日本製と比べて、私が使っている血糖値測定器は、センサーを一番多いセット数の200枚にすれば、実質、単価は39円となります。その上、性能の高さもFDAから認められているようです。

以前まで、ニプロのTRUE2goを使用していましたが、こちらは、FDAの基準からするとギリギリクリア位の性能らしいです。ニプロのセンサー(TRUE test)もそれなりに安いですが、それより安く、さらに性能も上となると、こちらを選ぶ他ありません。

日本製のセンサーは安くても100円以上

日本の場合、センサーのみの購入、もしくは、センサーを含むセットの通販は薬事法の関係で出来ないという面倒がつきまといます。

また、日本製と言っても大概が海外の血糖値測定器を日本で販売しているケース、または、日本で認可されている測定仕様にされているものなどがありますが、いずれも、センサーは、100円以上でした。

■日本製センサー(25枚セット)の価格

  • アボットFS血糖測定電極ライト:¥2,670-
  • アキュチェックアビバストリップF:¥2,980-
  • ニプロケアファストセンサー:¥2,700-
  • ワンタッチベリオセンサー:¥3,500-
  • ワンタッチLFSクイックセンサー:¥3,320-

どれも2,500円以上するので1枚あたり100円以上だとわかります。
その上、消費税もかかり、さらに、買いに行く手間もかかります。

通販できない上に高い…。
繰り返し使うことを踏まえると、コストと手間でメリットがありません。

場所によっては、取り寄せということもあり二度手間となるのも面倒なところです。

自己測定は糖尿病予防にも最適

  • 空腹時に正常範囲内に収まっているか?
  • 満腹時、食後はどこまで上昇するか?
  • 食べ物によって血糖値はどんな変化をするか?
  • 血糖値の上がりやすい食べ物は何か?
  • 空腹で手が震える時は、血糖値がヤバイ?
  • 運動した後は、どこまで血糖値が下がる?
  • コカコーラを飲んだら?
  • ビールを飲んだらどのくらい上がるか?

色々な場面で測定する事も健康意識を改善する上でも役立ちます。
実際に血糖値がどのように変化しているのを知ると、自然と食生活を改善しようという意識にもなります。

特に今の日本は、美味しくて糖質豊富、合成保存料豊富な加工食品が大量。
日本の食生活が欧米化と良く言われますが、健康よりも嗜好品が多く、特に、日本は加工食品が大量にあります。

しかも、コンビニがこれだけ乱立している国も日本位なものです。
マックなどを始めとするファストフードなど、生活習慣病の原因となる食べ物があふれているので、知らず知らずのうちにそれらを思った以上に食べている事もあります。

お店で買える加工食品だから安全というのは、食中毒を起こさないという意味で、砂糖の使用量が多いほどに腐りやすいので保存料などの添加物も多く使われています。

和菓子などでも結構ふんだんに砂糖が使われているので油断できません。
こんな風に、血糖値が高くドロドロの血液になりやすいものがあふれているので、普段から、何気なく食べる機会が多いという事は、生活習慣病のリスクがあります。

それを血糖値の変化で確認するなら、自己測定が一番手軽な方法。
糖尿病予備群、もしくは、すでに糖尿病というならもちろんの事ですが、血糖値が気になるというだけでも使ってみる価値はあると思いますし、私自身が使っていてその必要性を実感しています。

身近な家族が糖尿病になると…

実の父親が元々チェーンスモーカーでした。
ですが、仕事の過労がたたって帯状疱疹となりそのまま倒れて病院へ搬送。

その後、健康の為にもとたばこを一切吸わなくなったのですが、その分、今まで食べることの少なかった甘いものをよく食べるようになってしまいました。

それから、私が社会人となり家を出て数年後。
帰宅すると、止めたはずのタバコを吸っている父親が居ます。しかも、甘いものを食べるのも相変わらずです。

今では、立派な糖尿病患者です。
数値はそこまでひどくない状態を維持しているようですが、無意識に首を振っていたりする事があります。

そういう光景を見たりすると、さすがに、健康について考え直さないといけないなという気持ちになったのは言うまでも有りません。

血糖値測定器の個人輸入方法

海外からの個人輸入を今までしたことが無ければ、何か特別な手順が必要なのかと思ってしまうかもしれません。

実際には、普通の通販と何ら変わりありません。
英語のサイトで決済してという手順ではなく、日本の方が現地で会社を構えて輸入代行を行っているという形も多く、決済サイトも日本語対応です。

また、実際に商品が届くのも1週間程度です。
もしも、日本で血糖値測定器を購入する時に取り寄せとなればその位かかると思うので、薬局までわざわざ買いに行く手間を考えると、直接届く通販が楽です。